つらい症状も平塚の整体に行ったらなんとかなる

慢性症状にいいね

[PR 広告]

  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

整体や鍼で癒しの空間

まに整体に行くことがある。

今までに何件かの整体院へ行ったことがあるけれども、どこの整体院にも共通しているのは基本的には落ち着けるということかな。

つまり、リラックスできる空間であるということだ。

だいたいが静かであって鍼灸院は鍼を刺して置鍼というのを行うので鍼を刺したままで横になっている時間が割とあったりする。

その際に院内にリラックスできるような音楽でもかかっているともう最高だ・・。

本当に瞑想でもしているような気持ちが洗われるような感覚になるから不思議だ・・。

鍼や整体ははいろいろなことに効果効能を求めることができるのだけれども、治療を受けながらリラックスできるというのは鍼や整体くらいではないのかな・・・。

当然、痛いようなことはされないし、ひたすらリラックスできる空間なのだ。

それでいて、効果があるのだからすごいよね。

最近はもっぱら何事も整体院へ行くことが多い。

確かにお金は少しかかるけれども、
トータルでみたら安いかもしれないよ・・。

今は平塚で腕のいい整体院がお気に入りなんだけどね。

  1. 2015/8/11(火) 20:6:7|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

首に疲れをためないためには

現在の国内のスマホ普及率は約30パーセントと言われ今後増えていくことが予想されます。

スマホを利用する人が増えたことにより近年問題になっているスマホ症候群です。

スマホ症候群とは下をみる姿勢を長時間続けることで引き起こされる肩こり、首の痛み、頭痛、ドライアイなどの症状を指します。

下向きの姿勢がなぜこれほどに体に悪影響を及ぼすかというと約6KGあるとされる頭を不自然な姿勢で首が支えなければならないから。

まっすぐに起こして首の状態に比べると下を向いた状態では約3倍の首に負担がかかっています首には体にとって神経や血管などが通ってるので肩こりや首の痛みだけではなく頭痛やうつといった症状に発展することがあるのです。

しかしこれらの症状は実はスマホの持ち方を工夫するだけでも軽くなるのです。

正しい持ち方をする、時折ストレッチをして首のまわりをこまめにほぐすなどして首に疲労を蓄積させないようにすることが大事。

  1. 2015/8/11(火) 20:3:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目の老化防止になるよ

スマホ症候群でもう一つ見逃せないのが眼精疲労やドライアイといった目の症状です。

液晶画面を凝視し続けると目の奥にある毛様体筋が緊張し疲れ目を招きます。

毛様体筋のコリを和らげるには30分に一度程度遠くをみるなどして目を休ませるほか眼精疲労を和らげるように働くアントシアニンやクロセチンなどの成分をとるのもお勧め。

さらには最近ではスマートフォンが発するブルーライトが目に与える影響も話題になっています。

ブルーライトは目を疲れさせるだけではなく目の奥の網膜まで達して加齢黄斑変性の原因になるとも言われています。

目の老化が進んでしまうこと。

瞳の健康をキープしたいなら専用のめがねなどでブルーライト対策をしたり網膜を保護する働きのあるルテインを取るのもお勧め

  1. 2015/8/11(火) 20:3:3|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる
MORK