つらい症状も平塚の整体に行ったらなんとかなる

慢性症状にいいね

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

首に疲れをためないためには

現在の国内のスマホ普及率は約30パーセントと言われ今後増えていくことが予想されます。

スマホを利用する人が増えたことにより近年問題になっているスマホ症候群です。

スマホ症候群とは下をみる姿勢を長時間続けることで引き起こされる肩こり、首の痛み、頭痛、ドライアイなどの症状を指します。

下向きの姿勢がなぜこれほどに体に悪影響を及ぼすかというと約6KGあるとされる頭を不自然な姿勢で首が支えなければならないから。

まっすぐに起こして首の状態に比べると下を向いた状態では約3倍の首に負担がかかっています首には体にとって神経や血管などが通ってるので肩こりや首の痛みだけではなく頭痛やうつといった症状に発展することがあるのです。

しかしこれらの症状は実はスマホの持ち方を工夫するだけでも軽くなるのです。

正しい持ち方をする、時折ストレッチをして首のまわりをこまめにほぐすなどして首に疲労を蓄積させないようにすることが大事。

  1. 2015/8/11(火) 20:3:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
 X 閉じる
MORK